お金持ちと言われるのと、お金使いと言われるのと、どちらがイヤですか?

お金を知る


日本人は昔から、
お金を持つお金持ちと、
お金を使うお金使いの、

両方にいいイメージを持っていません。

お金持ちは腹が黒い様に思われ、
お金使いは尻が軽い様に思われ、

どちらにしても軽蔑される印象がどこかあります。

あなたは、
お金持ちだねぇと言われるのと、
お金使いだねぇと言われるのと、

どちらがイヤですか?

どちらが好きですか?と問われるのであれば、
どちらかを選ぼうと思えることでしょうが、

どちらがイヤですか?と問われると、
どちらも選びづらい感じがしませんか?

どちらもイヤだなあと感じてしまうからだと思います。

日本人はそれくらい、お金に関するイメージを
とても大切にしている部分があるからです。


日本人はどうしてお金のイメージを大切にするのか


これは、日本人がまじめな人種が故に、

コツコツと努力をすることこそ良いと考えられてきた、

一つの固定概念からきているものだと思うのですが、

この日本は昔から、
貯金を重んじて生きていくことを、
政府(幕府)からの啓蒙として、

国民へ浸透させていった時代がありました。

他の記事でも書いていましたが、
国や政府へしっかりとお金が集まるように、

国民の考え方を操作して整備していったことが、
このような国民性を作りあげたのです。

参考:お金の授業

いわゆる、ただの政府の都合でこうなったと
言ってもいいでしょう。

そんな中で、
しっかりとコツコツとお金を貯めて、
お金持ちとなれた時、

あなたが得られるものは、
形での効果ではなく、
気持ちでの効果ではないのでしょうか


本当は、お金使いになることこそがゴール


お金持ちとなったら、
お金をそのまま持っていたいですか?

お金を持っていれば、
安心なのはどうしてでしょうか?

それは、いざという時に
使わなければならないからですよね。

ということで、お金は使ってから、
初めて効果を成すのです。


だから、本当は持っているだけでは
意味がないということです。

おまけに、お金はそのまま持っていると、
いつかは税金の対象になってしまいます。


お金を使って、お金を他の物に形を換えて、

その物の価値でお金を持つということをお勧めしたいです


お金を使って物を買うと、
物は使えば償却が発生するから、

その物自体の価値は下がって行ってしまうものですが、

それが金券や不動産や将来にプレミアが付く物に対して
お金を使って交換すれば、

逆に価値が上がってお金が増えたと同じ事になることだってありますよね。


そういうことなので、
ちゃんとお金を使っている人こそが、
お金持ちなのです。

これを、資産運用と言います。

なので正しくは、
お金を貯め込むことや、
消費・浪費をすることが、

良くないイメージだと私は言いたいですし、

お金をちゃんと価値のある物に換えて、
時が来たら(必要な物事が来た時や使用の目的が表れた時)またお金に換金すること


これが、本当の素敵なお金持ち
そしてお金使いの姿です。

私が接してきた人達の中で、
こんな人はもれなく幸せそうで、
欲深く無く、心の豊かな人物が多かったです。

ただし、お金を物に換える時も多少はありますが、
物をお金に換える時は、

手数がかかっては、それを専門の人にお金を払ってやってもらうことがありますので


再々は交換しないような計画は立てておきましょう。

ということで、本日はざっくりとしたお話ではありましたが、

お金は使って、
形を換えて、
持つようにする。

これを一つヒントに生計を営んでいただければと思います。

お金は、人間の考え方を
無限に表現し続けているだけの
単なるツールなのです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました