ローンを組む時や借換をする時に一つ知っておくべきこと、「オーバーローン」

お金を知る


皆さんは、ローンについての知識って豊富ですか?

ローンと聞けば、どこかイメージが悪いように感じたりするのではないでしょうか。

おそらく、「お金を借りる」ことがために、

ネガティブな行為として認識してしまっているからだと思います。

返さない人や、返せないことが発生する物事だから、

そのようなことに陥るのが不安で、

先々不幸になると想像し、怖いからでしょう。

けど、ローンも計画的にお付き合いをすれば、

ローンに対する認識を「先に貯金を引き出して、後から定期預金をする」と考えることができれば、


身を助けては豊かに暮らすことができる、立派な金融商品なんです。

そのため、ローン知識を普段から勉強しておくことは、

ネガティブなことではありません。

ということで、ローンや借金のことをもっと知っておいてほしいので、

このブログを通して、一緒に勉強していきましょう。

その中で今回は、「オーバーローン」についてお伝えしたいと思います。


ローンを利用する時、どんなことを考える?


ローンって、色々な種類がありますよね。

車や家を買う用や、教育資金やビジネス用まで、様々です。

大体のイメージとしては、物を買う時に、
持ち合わせが間に合わないけど
今手に入れる必要がある場合に利用しますよね。

その時に、基本的にはその物を手に入れるために必要な金額、

その物の値段の分を借りることができるのですが、

ローンって、その物の値段以上の金額で返済をしませんか?

そう、利息を足して返済するからです。

そのため、値段より多い金額で買物をするように感じ、

ローンを利用するときは利息の利率をよく計算して、


ローンを借りる先を選んだりすると思います。

それでも、欲しい物や必要な物がすぐに手に入るって助かるから、

お金を借りれることって実際、大きなメリットですよね。

そんな感じで、ローンを利用する時にもう一つ、

視野に入れておいて欲しい、考えておいて欲しいことがあります。

それは、「オーバーローン」です。


ローンの借換をしたことがありますか?


ローンは借換をしたほうがいい時ってありますよね。

金利を見直したい時や、追加融資を受けたい時などは、

再び新たなローンを組んで、そのローンで現在の残高を完済し借換をします。

しかし、ローンを借り換えると、
オーバーローンという現象が起こりやすいことを
頭に入れておかなければなりません。

ローンの借換をすると、
その都度手数料がかかります。

これは、融資元の金融機関が受け取る
利益のことです。

正式に言えば、お金を借りた時、
融資手数料というものがかかるのです


この手数料の他にも、利息や印紙代、
保証料などが、借入の際に必要となります。

これらは全て借入金に含まれているため、
原則借りるお金から支払うことになっています。

それが、オーバーローンの原因となるのです。


オーバーローンのしくみとは


オーバーローンとは、一体どんな現象なのでしょうか?

もし、毎月の支払でローンが返済できなくなってしまい、

買った物を売らなければならない時が来て、

その物を売って現金化したら、減価償却により

残った返済残高を完済できる。

って考えて売却をしたとします。

なのに、借金が残ってしまった!…。

返済残高が買った物の現在の価値に合っているはずだったのに、

なぜ完済の資金として足りない金額になってしまうのか


それは、「諸費用」まで借りていたからなんです。

この諸費用こそが、オーバー分となるのです。

案外、誰もがローンを組む時に、諸費用が含まれていることを解っていながらも、

ローンを利用して購入したものを売却して現金化したときに、

時価格が残高と合わなくて、完済できずに返済が残るなんてことは、

考えたことがなかったとおっしゃいます

それは、諸費用分の返済が残っているということに等しいのです。

それが原因で、ローンの方が価値をオーバーするんです

なので、このように例えることがあります、

「ローンを借り換えたから、買った物の残分価格が
分割払い中に後から上がった」と。


オーバーローンを考えると、どうするのが適切なのか


この現象をいくら理解できたとしても、
理解の上、ローン利用を決定したとしても、

このようなことが後々起きてしまうのを
できれば避けたいものですよね。

大丈夫、ちゃんと対策方法があります。

ただし、自身の努力が必要となることなので、

長期的な資金計画(ファイナンシャルプランニング)を活用し、

ローン返済の計画もしっかりと立てた上で対策を実行していただきたいと思います


ファイナンシャルプランニングって具体的にどんなもの?と気になった方は、

私がやっているファイナンシャルプランニングサービスの様子を、

こちらの記事に掲載しているので、よかったらチェックしてみてください。

参考:【D.Oのライフデザインコーチングサービス公開】ファイナンシャルプランニングってこんな感じでやっています


早いうちに繰り上げ返済を行う


繰り上げ返済とは、ローンを返済している最中で

まとまったお金が手に入ったりしたことにより、

ある程度の金額を一括で返済することを言います。

こうすることにより、返済期間を短くしたり、

毎月の返済額を減らしたりできるんです。

その場合、ローンが複利運用商品となっている関係で、

返済残高がなるべく多いうちに(借り入れてからなるべく早いうちに)

繰り上げ返済をするのがコツです。

ちなみに、返済期間を短くした方が、
返済総額をより少なくすることができますよ

こうすることによって、利息や手数料にかかる費用に充て、

諸費用分を完済するイメージで考えていいと思うので、


このオーバーローンのオーバーしていた部分が減って、

ローンを利用して購入した物の本体価格の

時価に合った精算ができるようになってくるのです。


住宅ローンであれば頭金を入れる


ローンの中でも、巨額な融資をしてもらえる住宅ローンですが、

よく、頭金はどうするべきか?と考えることがありますよね。

頭金を入れるか入れないかは、それぞれの自由なんですが、

頭金をいくらか支払って住宅ローンを組んだ方がいいです。

もうお分かりだと思いますが、この頭金を入れることによって、

オーバーローンを防ぐことができるのです。


住宅という買物こそ、いつかは売却をしなければならない時がある

と想定して購入しておくべきですから、

精算する時に、借金を残さないことを念頭に置いておくのことが大切です


返済中に、諸費用分まで利息をかけて返済をしていれば、

返済額の総合計金額はとても大きなものとなることだってあるので、

なおさら借入額は少しでも少なくすることが、

債務による資産運用の場合では、非常にポイントとなります。

そうすることにより、もしもの売却時に、
その物の時価額で完済できる可能性が増えるのです。

なので頭金は、諸費用分を現金で支払うためのお金と考えるのです。

そして、努力により、もう少し多めに頭金を作っておくことができるなら、

併せて購入費用の10%分も作っておきましょう

物件価格の90%以下の融資でローンを申込と、金融機関の貸付審査が寛容になります


ローンを勉強することは、立派なマネーリテラシー


ローンはすぐに沢山のお金が手に入り、

高額な買物ができる、ありがたいものですが、

借りることで色々なお金を請求されてしまうものでもあります。

よって、ローン自体のしくみを正しく知っておくことがいかに大切か、

これでお分かりになったのではないでしょうか。

オーバーしていることが全てマズいわけでは無いですが、

どちらにせよ、100万円のお買い物に、

結局150万円を支出したなんてことになるものです


そんなことになることだってあるローンという商品ですが、

こちらの記事に、ローンの基礎知識と
私の過去の失敗体験を掲載していますので、
こちらも是非読んでみてください。

参考:ローンのしくみを知っておけば、ご利用が計画的になる

このように、知っておいた上での借入と、

知らなくて意識していなかった際の借入とでは、

後に後悔することになるかどうかを分けることになりますので、

オーバーローンを含め、ローンの知識は取り入れておいた方が、

将来の「助かった」に繋がりますよ^ ^


コメント

タイトルとURLをコピーしました