江山中学校へ租税教室に行ってきた

学校で先生をしたD.O


前回の賀露小学校に引き続き、
江山中学校へも租税教室の開催に行って参りました。

この学校とのご縁は思いがけないことからで、

2017年に体育の非常勤講師を頼まれたことがきっかけでした。

特に私は体育を専攻してきた流れは無かったのに、

なぜか体育祭へ向けて女子のダンス講師として招かれたという、

自分でもびっくりなご縁があり、

それがきっかけで今だに交流が続いております(笑)。

そんなことからこの租税教室も授業に取り入れて頂くようになり、今年で3回目となりました。


税金の大切さを教える、租税教室


今回の授業は中々濃い内容でした。

税金のあれやこれやを分かりやすく、そして面白く説きながら、

誰もが払いたくないなと感じる先入観から、

やっぱ必要なんだな…というイメージを持ってもらうことを狙いにしているのですが、

なんと今回の授業は、途中からこの日本国の借金事情のレクチャーへと、

どんどん展開していくという内容になっているんです。

税金払わないといけないな…という漠然とした感覚から、

税金をもっと集めていかないと、このままだと日本の将来はヤバい!!

という感覚になっていく恐怖の授業でしたが(笑)、

自分事として感じていくことこそが、

実感であり責任感と変わっていくものなのです。

日本という国が抱えている、借金の具合


みなさんはこの日本の借金の具合を知っていますか?

もうお分かりだとは思いますが、
集まる税金や保険料に対して支出が多いということが、借金をする理由です。

日本は明治維新以降から、国債を利用して

民間の金融機関や投資家からお金を借りて、

税収や保険料収入で足りないお金を得ては国を運営しています。

戦後に突入すると日本は、どんどん復興と成長を遂げながら、

経済的に豊かな国へと発展して行きました。

1980年代には、経済の絶頂を迎えるような時代へと突入し、

土地購入費用を銀行がどんどん融資するような金融事情の時代でした。

ですが、バブル経済の崩壊によって金融バランスが傾いてからというもの、

年々借金の額が大きくなっていき、

近年は少子高齢化が進んでいることもあって

税収と保険料収入はますます減っていく状況な為、

国は国債を発行して民間からお金を借りる額を増やさないといけない現在なのです。

そしてそのお金を国に貸しているのが、
銀行、保険会社、証券会社などとなります。

一般消費者となるお客様から頂く預金や保険料などを使用し、

国債を民間の金融機関が買って資産運用し、

利益を上げて、保険金や
利子配当金の支払いに備えているという仕組みですね。

するどい方はここでお気づきだと思いますが、

税金や保険料で足りない国のお金は、我々国民が金融機関を通して

遠回しにお金を貸しているということになります


なので金融商品を購入してお金を投資・資産運用すると、

利子・利息と言われる御礼のお金がもらえますよね。

ただ近年は、日本のGDP(国内総生産)の数値や金融政策などの影響で、

金利動向は下落している時代なので、

利率は良くない傾向にありますが。。

このように低金利時代な今、
我々国民のお財布事情もやはり、
豊かだとは言い切れないのです。

国債を発行してお金を借りても、

期間が満了したら利息を乗せてお金を返さなければならない。

利息の支払のためにさらにお金を出費していけば、

ますます収入より支出が増えていく。

このような理由から、利息支払いのない税金を集めることこそが、

国のGDPの上昇と好景気をもたらすために重要だということ。

これから2050年に向けては、60歳以上の老齢世代の人口が増加していきます。

それをこれからの現役所得者世代が支えていく将来となります。

税率って増やすべき?それとも減らすべき?


皆さんは今、税率を増やしていくべきだと思いますか?

それとも今、税率は減らしていくべきだと思いますか?

という問いに、中学生達は揃って
増やしていくべきだと回答していました。

そう、彼等彼女等の30年後は、40代なのです。

まだまだ子育ての最中かも知れない中、

多くのお年寄りを支えていかなければならない時代の


真っ只中な世代となるのです。

このように、負となる影響が自分達に直接降りかかってくる立場の人は、

今の負担を多くしてでも大変になる将来を防ぎたいと思うものなのです


誰もが税金はなるべく払いたくないと感じる、

今のこの時代に生きている私達ですが、

我々の我が子の世代がこれから突入するさらに冷え込みゆく時代を前に、

まだできることはあるのではないでしょうか。

この日の授業のまとめとして、

「納税の大切さ」と「選挙に行って国や県や市の代表を自分たちで選ぶ大切さ」を伝え、

私は中学校を後にしたのでした。


学校で先生をしたD.O お金の授業をするD.O
ライフデザインコーチ D.Oの公式ホームページ

夢や目標があって、いつかはそれを実現したい!!
けど、そのためには何からどのようにやって行けばいいのか分からない…。

自分のビジネスで沢山の収益をあげて、自分が生き生きする自由な形で仕事をしていきたい!!
でも、一人じゃ不安だし自分の気持ちを上手くコントロールできなくて、このままで大丈夫なのか…?

など、自分のやりたいことを達成するのって、結構大変ですよね。

そんな時、そのゴールに向かっていくために、コーチを付けて最短で目標を達成してみませんか?

D.Oは、コーチングとファイナンシャルプランニングを通して、心・時間・お金をしっかりと操る自分へと変わって成功して行きたい方に向けた、コーチングサービスを展開しています。

D.Oをフォローする
ミンナのミライのミカタ

コメント

  1. コロにゃん より:

    こんにちは^_^
    私が中学生の頃は税金についてなど、全く考えた事も勉強しようと思った事もありませんでした(笑)

    ですが大人になった今では、税金は勉強すればするほど面白いと思えるようになりました。
    まだまだ勉強不足ですが…

    一点だけ疑問に思った部分がありましたので、教えて頂けると嬉しいです。

    DOさんは今回のブログではあえて詳しい説明は省略されているようですが、

    まず銀行の場合、国債は日銀当座預金を使って購入されますよね。
    なのでもちろん「遠回しに貸しているお金」とは「我々の銀行預金」ではないと言う事は私も理解しています。

    となると…?

    我々が銀行を通して国に遠回しに貸しているお金とは具体的にはどんなお金なのでしょうか?

    また、保険会社と証券会社については私は勉強不足なのですが、こちらは文字通り我々のお金を使って国債を購入しているという事なのでしょうか??

    補正して頂けると嬉しいです。
    よろしくお願いします^_^

    • D.O より:

      コロにゃんさん 今回もコメントどうもありがとうございます☺︎

      私もコロにゃんさんからコメントを頂くたびに、
      復習をするきっかけになったり
      更新をする甲斐が生まれたりと
      とても感謝することばかりです。

      そんな中ではありますが、
      少し私の記事投稿に対しての理念を補足しておきますね。

      私のブログは原則、基本的にお金のことについての知識を勉強したことがない人に、
      きっかけや気付きを与えて関心を持って頂く「一歩目」を意識して書いています。

      なので、難しいと感じるような機械的な解説はなるべく控えるようにしています。

      ただでさえお金のことは掘れば難しくなり(数学や物理の要素があるため)、
      マニアックで難しいと伝わってしまっては
      面倒臭いイメージが先行し、
      興味関心が遠のいて本末転倒となっては意味がないと考えています。

      よって、私の表現には、比喩のようにしたりで、
      理屈っぽい説明にならないようにして
      結論が伝わって行動を促すことに繋がればと狙っています。

      本題となりますが、
      この投稿を具体的に解説するのであれば、 我々の預金貯金を基に、地方銀行や都市銀行は、
      日本銀行に当座預金口座を開設しています。

      そこに準備預金制度によって、上記の民間銀行達は法律上のルールで
      必ず一定金額を日本銀行に預金することになっていて、
      その決まりや決められた金額を活用して、日銀は世の中のお金の量をコントロールできては、金利を操作しています。

      ということから、国債を買っている銀行は、日本銀行で正解なんですが、
      日本銀行はどこから集めたお金で国債を買っているのかというと、
      民間銀行からの法定準備金などということになります。

      では、民間の銀行が預ける法定準備金の原資はどこから来るのかというと…?
      やはり、私達が預けているお金が基本となっているんですね。

      保険会社や証券会社も
      お客様から頂いている保険料や投資元本を原資として、公社債や株式や不動産などを用いたポートフォリオを作成し、
      アセットバランスをとった分散投資にて資産運用をしています。

      こちらも、資産運用に国債も組み入れていることから
      いくらかは日本国債を買っています。

      保険会社は円建て商品なら国債証券運用としていますし、
      外貨建て商品であれば、その国の通貨に合わせた証券運用としてあります。

      証券会社はもっとダイレクトですよね。
      お客様が国債欲しいと言えば仲介して販売しますし、株式や証券化された不動産(J-REIT)も販売するわけです。

      私達の銀行預金や、保険料や、投資元本は、
      形を変えて、色々経由して、国債を買っていることに繋がっているんだよ。
      という比喩だったのです。

      コロにゃんの理解は正確で正しいものです。

      私は噛み砕いて、分かりやすさも少し飛ばし、
      楽しさや刺激を届けたいと、このような表現でありました。

      足らずであったこと、大変失礼致しました。

      そして、味わい深いコメントを頂けたこと、
      改めて感謝しています(^-^)

  2. コロにゃん より:

    国債購入の為のお金について、大変分かりやすい回答を頂きありがとうございます^_^

    また、このブログの主旨についても大変良く理解出来ました。

    要は子供達に音楽を好きになってもらう為には、いきなり楽典を持ち出して難解な理論を説明するのでは無く、まずは目の前で鬼滅の刃の主題歌をギターやピアノで弾いて聴かせる方が早い。

    とD.Oさんは言っておられるわけですよね?

    私がお金の勉強に興味を持つようになったきっかけもその様な事でした。
    もちろんこのブログもきっかけの一つです。

    ですので、
    そんな主旨のこのブログにて私のコメントする内容は少々マニアックなのかもしれませんが、これからも疑問に感じた事があれば空気を読む事無く、コメントさせて頂くかと思いますので、
    その際はどうぞよろしくお願いします(笑)
    ありがとうございました!

  3. D.O より:

    おっしゃる通りです!

    ですが、コロにゃんさんから頂く質問を活用して、具体的に解説をするという手順も非常に良い流れだと
    いつも感じています。

    これからも、疑問質問はドシドシしてやってくださいませ笑

    いつもありがとうございます☺︎

  4. コロにゃん より:

    こんにちは^_^

    すいません、再び質問させて頂きますが…

    銀行は我々の預金を使って国債を買っているのではなく、日銀当座預金から買っている。
    そして、その原資はつまるところ我々の預金が基本となっている。

    という事ですよね?

    という事は、日銀が国債を買い取り続け、現在1100兆円あるというその額が我々の純資産1800兆円よりも大きくなる時が来たら…?

    その時が国債の限界点になる。

    という事になりそうですが…

    そういう事なんでしょうか?
    それともそういう事ではないのでしょうか?

    D.Oさんはどのように認識されておられますか?
    よろしくお願いします!

    • D.O より:

      コロにゃんさん

      お疲れ様です☺︎
      ご質問ありがとうございます。

      確かに、我々国民の純資産と表現されているお金の額に、
      国の借金額が近づきつつありますが、

      これ、パッと見て、もう国債を発行してはいけないのでは無いのかと思いますよね。

      その考え方、正解でもあります。

      ここからは専門家として活躍する私でも、正しい解説をすることが難しいのですが、
      これも考え方の一つなんですが、

      日本人は結構、国や個人の単位で、それぞれが海外にお金を貸している現状がありまして、
      これは、外貨預金や米国国債への投資、他にも、アメリカのGDPが高いことから、米国株式やドルの買付などを
      積極的に行って資産運用をしています。

      海外に投資をするという行為って、
      言い換えれば、円を貸しているとも捉えられるので、
      日本国が、日本人が、外為投資を現金化して、円に戻して保有した場合、
      実は3000兆円ほどは円資産があるということになるようなんです!

      って思うと、まだもうちょっとなんとかなるみたいですよ。

      ただし、それが簡単に一斉にできるものでは無く、凄く手数もかかるみたいなので、
      なんとか国内の動きで済むように頑張っているみたいですよ☺︎

  5. コロにゃん より:

    回答ありがとうございます^_^

    D.Oさんは私が何を質問しても、いつも即、的確に具体的に答えて頂きますね。
    本当に沢山勉強されて、沢山の知識を持たれているのだろうなあと思います。

    質問の回答に対してですが、
    国民の純資産額が国債発行の限界であるという考えは正解でもある。
    とD.Oさんは考えているという事は分かりました。
    そして、国民の純資産1800兆円と言われている額以外にも実質3000兆円の資産があるという事も分かりました。
    そしてまだもうちょっと何とかなる。という事も分かりました。

    逆の言い方をすれば、いずれにしても
    国債発行の限界は国民の純資産額を超える時である。

    とD.Oさんは言っておられるのかと私は解釈致しました。

    また時々質問させて頂きますのでよろしくお願いします^_^

    • D.O より:

      コロにゃんさん

      そんなにまでお言葉をくださり、とても感謝します。
      でも、私も得意不得意があるため、時に深くは分からないこともあったりしますが、それでも基礎知識に基づいて回答しています。
      それが分かりやすい解説に繋がっていたらいいなといつも思っています^ ^

      そうですね、目安としての限界点は一旦その数字と捉えていいでしょうね。

      ただ、日本はとてもしぶとい国なので笑、
      ピンチになったら次の手段として、
      増税したり造幣したりもあるので、
      デフォルトするリスクは迫っていないとは言ってもいいです。

      まあ、どれも背水の陣での苦肉の策となるので、実行したら
      その後の世代に多大なる影響が出てくることから、
      国は国債を利用しているのだと思います。

      お金って、難しいですね(p_-)

  6. コロにゃん より:

    ありがとうございます^_^
    お金は難しいですが勉強するほどに面白いです。
    今年はこのブログで色々勉強になりました。来年もよろしくお願いします。
    良いお年を!

  7. D.O より:

    コロにゃんさん

    明けましておめでとうございます。

    昨年はこのブログを通して私と触れ合って頂いたことが
    何より嬉しく思った一年でした。

    私はいつも、「教える」という気持ちでは無く、
    「一緒に学ぶ」という気持ちで書いています。

    そんな中でコロにゃんさんが、
    ご一緒してくださった一年だったのです。

    勉強をして得た知識は、
    誰かに伝えることで知恵に変わり、
    それから初めて身につくものですので、

    このブログを
    セッションし、ディスカッションする
    みんなの場にしていけるよう
    これからも励んで行きたいと思います。

    今年もよろしくお願いします☺︎

タイトルとURLをコピーしました