【給付金を運用する!?】それって正しい判断なの?それともそのまま貯蓄しておくべき?

お金を知る


最近は、新型コロナウイルスの感染者が
三たび増加していますね。

特効薬もワクチンも未だリリースされていない現状の中、

まだまだ不安な日々を送るのかと思うと、

さすがに勘弁して欲しいものです。

そして、第1波の発生時点で発令された経済政策の、

特別定額給付金や持続化給付金を、

国民や企業が受け取って来たわけなのですが、

これだけでは足りなくて、生活は元より、

事業や経営へのダメージが未だに続いているのが現状です。

そのため会社や起業家は、銀行を通して、
国が特別に支援する形の融資制度を利用して、

今を生き繋ぐためのまとまった事業資金を
借り入れたり借り換えたりしては、

終息までの間を必死に営んで行くように
取り組んでいると思います。

そんな中、こんな話を少し相談されたので、
適切な処方とはいかなるものなのか、

私の考えも添えながら、
そのお話をしたいと思います。


新型コロナウイルスの経済対策でもらった給付金や融資ってどうしていますか?


さて、いざ受け取ったこの、まとまった資金なんですが、

金額が金額なだけに、どのように活用して行くのが適切なのでしょうか?

特別定額給付金は10万円という、支援策の中では比較的少額で、

これは新型コロナウイルスの影響によって

滞ってしまった消費行動を促進するためのものでした。

よってこの給付金は、急に悪化した経済を早速に改善する意図で考えられ、

早いうちに使われることを目的として給付されました。

なので多くの方が、不足する生活費の補完として使用したり、

預貯金を利用して貯蓄しているのではないかと思います。

特別定額給付金はそれでいいと思います。

私も、そのようにしました。

そして、比較的多額となる持続化給付金や、巨額な場合もある特別融資ですが、

これらの資金を受けとった方は、まずはこれからどのくらいコロナ禍が続き、

それによる経営難が続いて行くのかを考慮して、

どちらかと言えば運転資金としてそのまま置いている方がほとんどではないでしょうか。

こちらも、自ずとそうされるものだと思います。

しかし意外にも、今回の相談の中では
このようなアクティブな意見まで出てきました。

それは、「そのまとまったお金を、投資するのはどうか。」
という意見です。

そう、資産運用するという選択肢です。


給付金や融資金を資産運用するって、大丈夫?


新型コロナウイルスの影響によって
現在も経営状況が非常に大変で、

受け取った給付金や借り入れた融資金が
2〜3年で底を尽きてしまいそうな現況であれば、

確かにその場合ではその資金を
資産運用に回すことはしないほうがいいわけなのですが、

今の手元のまとまったお金を取り崩して経営しながらも、

売上がそれなりに出ている状態である場合は、

利率の良い金融商品に投資し運用することで、


3年以内に金利での利益が潤沢に見込めると判断できるのであれば、

投資し運用することもオススメできます


いわゆる、「預け替え」です。

元本割れのない金融商品を利用する場合であれば、

向こう3年から5年の間、その期間で解約払戻金の戻り率が100%を超える、

利率の高い保険などを思い切って利用し、この資金を増やしておいてもいいと思いますし、

短期間のうちに運用益を出したいのであれば、

変動リスクがありながらも短期的に大きな利回りも見込める、

投資信託や変額保険などの、配当金や分配金を受け取れる金融商品を利用して

運用することも選択できます。

金利の力でお金を増やして、減った分を補うのはどうだろうか?ということです。


金利の力を利用するとこうなる


受け取った給付金は、そのまま置いておけば減りませんが、

売上が前年度に比べて50%以上減ってしまったことへの

救済としてもらったお金だということを考えれば、

そのお金は、取り崩しながら使っていった時は、減りますよね。

そして、借り入れた融資金は、何年間か返済を据え置いて、

その後に低金利や無利息で返済が開始されるとなれば、

このお金も、取り崩し使用しながら且つ、

返していかなければなりません。

あとこの何年間かの間に、新型コロナウイルスの影響が緩んでは、

経済や景気が元通りになり、経営も安定を取り戻す時が来れば、

それからの売上で今までの負債を精算していけばいいのですが、

そう上手く回復するのかが、実際のところ誰にもわかりません。

そのことから、まとまって受け取った新型コロナウイルス支援策でのお金は、

かなりの勢いで使用し無くなっていく用での資金として

給付や融資がなされているものではないことが前提なので、


年一や半年一で出資配当金が支払われるタイプのものや

3年以内の短期運用ができるタイプのもので運用をしながら、

マイナス(赤字)部分を、金利の力を用いて増やした利益で、

カバーしながら営むことだっていいと思うのです。


もちろん、元本保証が無いことだって大いにあるのですが。。

このように、お金は、金利の力に注目して動かすことが大切です。

置いておくより、世の中に流す。

そしてまた、お金が戻ってくる時には、
お礼で、お金が増えて返ってくる。


この原則を利用するのです。

この、世の中にお金を流す行為を言い換えると、
資産運用っていいますよね?

こちらの記事には、その大切さを
預金・貯金に例えて伝えているので、
一度チェックしてみてください。

参考:【ちょっとまって!】お金を長い間預貯金で貯めていくと、最後にはどうなるか知っていますか?

今回の相談の中でボソッと、

「コロナの支援制度の特別融資のおかげで、事業ローンが1.43%の金利で借り換えできたから、
その借り入れた融資金で、2.6%の金利で組んでるマイカーローンを完済したんたけど、これってよかった?」

と言っておられたので、

「バッチグーです!」と、伝えておきました。

これも、金利の力ですよね。

今返済しているローンを、今より低い金利のローンに借換をしたのと同じですもんね。


コメント

  1. コロにゃん より:

    あけましておめでとうございます^_^
    昨年はお世話になりました。

    給付金ですか、私はほぼ車の税金や電話代の支払いに使いましたが、それでもそのおかげで余裕が出来たのでありがたかったですね。

    1回と言わず2回、3回…出来れば1年間くらいは続けて欲しいですね。
    国債は償還期限が来たら新たな国債の発行によって借り換えられる。
    なんだかローンの借り換えに似ていますね。違うかな(笑)

    なんにしても日本に財政問題は無いわけですから、やればいいと思うのですが…
    やはり私達には分からない何か出来ない理由があるのですかね?

    まさかハイパーインフレになるとか?(笑)

    それとも円の価値の暴落?

    そしたら日本国民は円を捨ててドルを持つようになるんでしょうか?

    今日の夕飯はどうしましょう?
    ドルを使えるスーパーはどこにありますか?

    税金の支払いはビットコインでもいけますか(笑)?

    冗談はさておき…

    今年も宜しくお願いします^_^

    • D.O D.O より:

      コロにゃんさん

      そうでしたか(^^)
      確かに10万円は、ひとによってははした金だった方もいらっしゃるんでしょうが、
      自分は間に合ってるから、どうかその他に困っている方へと言って
      寄付をされた方や受取を辞退された方は、そう多くなかったハズです。
      (それでもそんな方がいらっしゃったことは偉大なことですね)

      たかが10万円だったのか、されど10万円だったのか、
      それでもこの10万円は大いに活用されているものとなったことでしょう。

      そうです、ローンの借換や、定期保険の満期は、
      この新発10年の長期国債の償還期間を基準にし、運用を合わせた計画を軸に考えられていたりします。

      おそらくですが、貸し借り取引形態にしていれば、国債をフル活用して補正予算を取り続け
      連続給付が可能のように思うのに、なぜそうすることをかたくなに阻止しているのか、
      それは、生態系のバランスと同じように、過度にお金の流れが偏ることでの
      将来への懸念なんだと思います。

      政府側と市場側を対峙させた際に、天秤が釣り合わない貸借対照となってしまっては、
      お金の質量が変わらないとしても、貧富の差と同じように、
      どこかにはお金が沢山あるのに、こちらにはお金がないという風に
      偏るのがマズいのでしょう。

      国民を平等に公平に守ることが、民主主義ですから、
      この理念からそれた政策は実行しないようにしているから、
      理論で解説することさえ簡単ではないほどに、
      このバランスを大切に守ろうとしているのが、GoToなんでしょうね。

      まあ例えてわかりやすく言うのであれば、
      やはりハイパーになってしまうのでしょう(笑)

      それに連動して、円の価値も株価もハイパーになることだってあるから、
      政府はこんな時でもお金の流れを整流しようと頑張っているのです。

      で、個人的に投資をしている方なんかは、お金の保有はドルにして、
      使う時にだけ円に戻したりしている時代なので、
      もう持っている人もたくさんいるんですよ。
      円の価値が下がると、こうなるのが為替の力ですね。

      という感じで、相変わらずお金は難しいです(笑)

  2. コロにゃん より:

    回答ありがとうございます。

    経済でも音楽でもバランスは大事ですよね。
    D.Oさんの言われている生態系のバランスや過度に偏ったお金の流れ、というのが具体的に何なのかを私はまだ正しく理解しきれていない部分があるのかもしれませんが、もしかしてプライマリーバランスの事を言っておられるのかな?
    と思いましたが、違っていたらすいません(^◇^;)

    音楽で例えるなら

    バンドメンバーはボーカル、ギター、ベース、ドラムの4人。
    この限られたメンバーで最大の効果を発揮するのが望ましいという考え方。

    これを財政で言えば、

    財源は税金である。
    入って来た税金の範囲で健全にやりくりする。将来世代にツケを残す借金は悪。

    といったところでしょうか(笑)

    もっと音に厚みが欲しい、
    と思うのならメンバーを増やせばいい。

    しかしそれはしない。

    4人のメンバーで最大限やりたいというポリシー、大義名分があるので増員(借金)はしません。

    つまりプライマリーバランスの黒字化目標と同じです(笑)

    ちなみに私はバランスとはインフレ率だと考えています。
    以前にコメントさせて頂いた事もありますが、過度なインフレにならないよう調整しながら民間に通貨を供給していく事がデフレ脱却の為の政策の一つだと考えています。

    アンバランスによって国民に貧富の差が生まれるのは問題だとは思いますが、
    政府と市場の天秤が釣り合わないのは問題無いと考えます。

    何故なら、政府の負債が増えると民間の資産が増えるからです。
    政府の1100兆円の国債(借金)とは、単に民間側に1100兆円の通貨を供給したという記録(借用証書)にしか過ぎません。

    逆に言えば、将来世代へのツケと言われている借金を返す為に増税をすれば、徴収した分だけ民間は貧しくなります。
    そして、もしも本当に1100兆円全てを税金で返すとなると民間側のお金は無くなってしまいます。

    政府であれ銀行であれ、お金は誰かが借金する事によって生まれ、返す事で消えてしまいます。つまり誰かが常に程よく借金している状態が良いと言うことです。

    これもバランスですよね。

    またハイパーインフレについてですが、

    ハイパーインフレになった国には必ず戦争や革命が絡んでいます。
    通貨の発行量云々ではなく、供給能力の破壊がハイパーインフレを起こす要因となっています。

    ちなみに日本も戦後インフレ率が500%になった事がありますが、
    ハイパーインフレとは毎月50%のインフレ率が継続する事らしいです。(年間では13000%)
    ですので戦後の日本ですらハイパーインフレには至っていないというわけです。

    数回の10万円給付程度では到底ハイパーインフレには至らないと私は考えています。

    コロナ禍の今、金の刷りすぎでハイパーインフレになる!
    というよりも、今金を刷らなければ、多くの企業が倒産し供給能力が破壊されます。むしろその事が原因でコロナ後にハイパーインフレは起こり得るのではないでしょうか?

    日銀が国債を買い取り続ければハイパーインフレになるという話しも聞きますが、もうすでに4割以上の国債を買い取っている今でも日本はデフレのまま。普通のインフレにすらなる気配がありません。

    デフレの今ハイパーインフレを恐れるというのは、例えるなら栄養失調で痩せ細った人が、肥満になる事を恐れて食事を控えるのと同じような事なのではないでしょうか(笑)

    長々と失礼しました。
    私も自分の手に入れられる知識の中でやりとりしているだけに過ぎません。
    いわば限られた税収の中で何とかしようとしているわけですが、限界があります。
    更なる知識を深める為にこれからも勉強していきたいと思います。
    またD.Oさんの考えも聞かせて頂けると幸いです。
    ありがとうございました^_^

    • D.O D.O より:

      コロにゃんさん

      今回も、非常に専門的でハイレベルな知恵と知識でのコメントをしてくださって、どうもありがとうございます。

      確かに、私が表現したことを解読すれば、PBのことについて当てはまりそうですね(笑)

      実際はもっとざっくりとした表現をしていました。
      政府と民間でのお金のやり取りをみればPBで例えていいでしょうし、
      経済をもっとマクロでみて行けば、色々な指数の動きのバランスのことですし。

      私は、マクロな観点でいつも話をするようにしています。
      なぜなら、FPという立場だからです。

      FPって実は、「浅く広い知識を持つお金の専門家」です。
      深い知識を持って技術を施し駆動するエンジン部分ではなく、
      あらゆるポジションや尺度から判断し舵をとるハンドル部分です。

      その立場からみると、ハイパーインフレになるかならないかに問題がないことでも、
      世界株式や為替、社会保障制度や不動産価格への影響など、
      仮にお金が大丈夫でも他の何かに影響する懸念があるのかも知れませんし。

      お金や経済の動向要因って、ものすごく複数で複雑に絡み合っているため、
      例えばコロにゃんさんがコメントしてくださったことが正解であったとしても、
      そのことについて専門家が論文を発表しているかと言えば、
      完全な根拠があるものが出ていなかったりします。

      それを考えると、お金に原則や理屈があっても、
      その通りにできない理由は数えきれないほどあるのだと思います。

      ということで、専門的考えを議論することができる人は、
      どちらかと言えば、財政に強い政治家の方ですね(笑)

      その代わり、お金のことってなんだか難しくて嫌だなあ、面倒くさいなあ。
      ってなってる方々に楽しく分かりやすく、知識で重たくならないように
      お金のことを教えるのは得意ですよ(^^)

  3. コロにゃん より:

    回答ありがとうございます。返信が遅くなってすいません。

    なるほどFPとは浅く広い知識を持つお金の専門家なんですね。
    車で例えるならエンジンではなくハンドルであり、あくまでも舵取りのポジションであると。

    これ以上ない分かりやすい説明をありがとうございます。大変納得致しました。

    私はお金の知識は広くはありませんが、特定の分野に関しては深いと思います。
    つまり、かなり偏っているのです(笑)

    もともと節約、貯金がきっかけで投資信託に興味を持ち初め、更にお金について追求していくうちに政治や経済にも興味を持つようになりました。

    ちなみにコメントを頂いた、

    >例えばコロにゃんさんがコメントしてくださったことが正解であったとしても、そのことについて専門家が論文を発表しているかと言えば、
    完全な根拠があるものが出ていなかったりします。

    …についてですが、これはまさに専門家の論文や書籍などを元にして書いているのが、私のコメントなんですね。

    一番明確で分かりやすいのが財務省の公式見解でしょうか。

    以下財務省HPより

    「近年自国通貨建て国債がデフォルトした新興市場国とは異なり日本は変動相場制の下で強固な対外バランスもあって国内金融政策の自由度ははるかに大きい。更にハイパー・インフレの懸念はゼロに等しい。」

    と、このように財務省自らが明確な根拠を示してハイパーインフレの可能性を否定しています。

    (ちなみにデフォルトについても否定しています)

    ただ財務省は今まで嘘や矛盾で支離滅裂な所があったので、このコメント自体信用出来ないと言われてしまえばそれまでなんですが(笑)

    専門家であればステファニーケルトン教授、三橋貴明氏、藤井聡氏、

    政治家であれば西田昌司氏、安藤裕氏、山本太郎氏の発言や書籍などを参考に、自分なりに解釈しています。

    そうですね、D.Oさんの言われているように、こういった財政に強い政治家達に議論してもらうのが良いと思います。

    未だに国の借金が国民一人当たりいくらあって、それを返さなければ国が破綻するなどと思っている国民も沢山います。

    政治家の多くもそのような間違った認識のままなのですから、これでは正しい経済政策は出来ないでしょう。

    なんだかこのブログの主旨とは違った方向のコメントをしているようですいません(^◇^;)

    が、引き続きよろしくお願いします(笑)

タイトルとURLをコピーしました